膣カンジダの再発防止対策

カンジダの再発防止って出来るんでしょうか?
膣カンジダ(カンジダ膣炎)は、女性なら誰にでも発症する可能性がある感染症です。
事実、5人に1人が経験しているという女性特有の病気です。
自然治癒もしますが、厄介なのはカンジダは再発を繰り返す疾病だということです。
主な症状としては、おりものや陰部の痒み(かゆみ)や炎症等が代表的です。
膣カンジダにかかったことのある女性なら、再発にも気付きやすいかもしれません。



女性A悩み

膣の周りがかゆい
下着に粘りっけのある白いおりものが付いている
膣がヒリヒリする

カンジダの再発防止には、カンジダ菌(真菌)を撃退できるミコナゾール硝酸塩が効果的とのことです。
ミコナゾール硝酸塩配合のボディソープなら、手軽なのに高確率でカンジダの再発防止に役立ちそうです。

コラージュフルフル泡石鹸

<カンジダ菌を撃退できる成分配合!>
※ミコナゾール硝酸塩が真菌の増殖を抑制


膣カンジダの再発防止対策

膣カンジダの再発を感じた場合には、産婦人科での診断・治療を受けます。
膣内の洗浄・膣坐薬・塗り薬というのがオーソドックスな治療方法です。

これで完治すれば言う事はないんですが、実際はなかなかそううまくいくとは限りません。
産婦人科に何度か通って薬の種類を変えてみても、あまり大きな進展が見られない場合もあります。
こんな調子で、延々と続く産婦人科通いに嫌気が差している方は多いかもしれません。

産婦人科での治療でも完治しづらいとなれば、再発防止のためにできる有効な対策ってどんな事なんでしょうか。
まずは原因と感染経路からおさらいしてみましょう。

膣カンジダ(カンジダ膣炎)の原因と感染経路

そもそも膣カンジダ(カンジダ膣炎)の原因は、人体に生息する常在菌のカンジダ菌です。
カンジダ菌はすべてのヒトの、皮膚・口の中・消化管・性器の粘膜周辺に存在しています。
健康な時の膣内のpHは善玉菌のデーデルライン桿菌の存在によって酸性に保たれているので、カンジダ菌の異常繁殖は抑制されています。ですが、風邪などの体調不良や過労やストレス、ホルモンバランスの変化などで免疫力が低下すると膣内のpHはアルカリ性寄りになってカンジダ菌が繁殖しやすくなるので、再発を繰り返す可能性が高まります。

免疫力の低下を防ぐ

身体の免疫力が低下しないような規則正しい生活を送ることが大切、とはよく言われることです。
充分な時間と質の高い睡眠を心がけたり、栄養バランスのよい食生活をしたり、適度な運動がカンジダの再発防止では重要となります。
具体的に効果が確認されているカンジダの再発防止の対策として、「ヨーグルトでの乳酸菌の摂取」があります。普段は善玉の乳酸菌が活躍してくれるおかげで常在菌であるカンジダ菌はおとなしくしていますが、免疫力が落ちると乳酸菌の力も弱まってしまいます。そこでヨーグルトを食べることで弱った乳酸菌を補給し復活させることでカンジダの再発防止に繋がります。腸には免疫細胞の70%が集中しているので、腸内環境を改善することで免疫機能の回復が図れるんです。
その結果、陰部のカンジダ菌もおとなしくなるということです。ヨーグルトを食べるだけでカンジダの再発防止につながるなら、試さない手はありません。

デリケートソーンの環境改善に努める

抗生物質やステロイド剤を服用していたり、通気性の悪い衣類の着用は、再発しやすい環境にあると言えます。
陰部が蒸れやすいと菌の増殖を助長するので、清潔で通気性のいい下着や洋服を着用したり、アンダーヘアを処理するといったことは、カンジダの再発防止のためにすぐにでも取りかかれる対策です。

性交渉による感染に注意する

パートナーとの性交渉によるカンジダの感染は、免疫力が低下しているときでもせいぜい5%~10%です。性感染症と間違われすいですが、実際は日和見感染が大半です。
男性から女性に感染する場合が圧倒的に多く、男性が包茎の場合の方が感染する確率は高くなります。
カンジダの再発防止のために手っ取り早いのは、コンドームを着用することです。
男性が包茎の場合は、包茎手術を受けてもらうのも有効な対策となります。

カンジダのリスクが高まる傾向を知る

  • カンジダ菌を持っているのは、妊娠していない方より妊娠している妊婦の方が2倍多い
  • カンジダ菌は糖分を好むので、血糖値が高い糖尿病の方ほど再発のリスクが高い
  • 月経(生理)前後はカンジダ菌が増殖しやすい

これらに関してはこれといったカンジダの再発防止ができませんが、糖尿病にならないようには気をつけましょう。

手軽で取り組みやすい再発防止策

原因と感染経路から立てられる有効な再発防止対策は、以上の事が挙げられます。
やってみる価値はありそうですが、あまり気が進まないのも確かです。
何故かというと、身近な感じがしないからです。



女性A悩み

これらの再発防止策って私にはあまり当てはまらない
ちょっとハードルが高いし、効果があるようにも思えない

栄養バランスのいい食生活ってすっごく曖昧で、具体的に何をどうすればいいのかが分かりません。
彼氏や旦那に包茎手術してもらうって、難しいでしょ?
「膣カンジダはあなたのせいよ」って言ってるみたいだし・・・。

こういうのじゃなくて、もっと手軽でしかも効果がイメージしやすい再発防止策ってないんでしょうか?
そう思って色々と調べていたところ、なんとか手がかりを見つけました!

すぐに始めることができて、その上効果も期待できそうなことです。
その、カンジダの再発防止に有効な対策っていうのが、



ボディソープを替えること



です。
女性器を石鹸で過剰に洗うのは逆効果ですが、過剰でなければ石鹸やボディソープで洗う事に問題はありません。
過剰な洗浄が注意喚起されるのは、膣本来のバリア機能を失う事で、かえってカンジダ菌の増殖につながるからです。

では、どんなボディソープに替えたらいいんでしょうか?
その答えは、カンジダ菌の増殖の抑制に有効な成分が入っているボディソープです。

これなら日常生活の一部で手軽だし、新しいことにチャレンジする必要もありません。
原因となっているカンジダ菌に直接働きかけるので、高確率で効果を発揮してくれそうなイメージも湧いてきます。

ここで気になるのが、有効成分って具体的には何よ?ってことです。
カンジダ菌は真菌なので、真菌の増殖を抑制する効果があれば、それが有効成分ということになります。
どんな成分かというと、抗真菌薬としても使われるミコナゾール硝酸塩です。

ミコナゾール硝酸塩は、真菌が原因の「水虫」や「脂漏性皮膚炎」の治療にも使われている成分です。
そこで、ミコナゾール硝酸塩が配合されたボディソープを探してみたのですが、なかなか見つかりませんでした。
それもそのはずです。
ミコナゾール硝酸塩配合のボディソープなんてほぼないからです。



そんな中でやっと見つけたのが「コラージュフルフル泡石鹸」です。

コラージュフルフル泡石鹸

カンジダ(真菌)の増殖を抑制するミコナゾール硝酸塩が配合された、持田ヘルスケアのボディソープです。
持田ヘルスケアは持田製薬のグループ会社で、皮膚科医・産婦人科医・看護師とのコミュニケーションを密にし、皮膚科学に基づいた製品開発に取り組んでいる会社です。

<カンジダ菌を撃退できる成分配合!>
※ミコナゾール硝酸塩が真菌の増殖を抑制

コラージュフルフル泡石鹸はカンジダの再発防止に効果があるの?

コラージュフルフル泡石鹸は、本当にカンジダの再発防止に役立つんでしょうか?
商品ページの内容を紹介しますので確認してみてください。

コラージュフルフル泡石鹸

コラージュフルフル泡石鹸 特徴1

コラージュフルフル泡石鹸 特徴2

コラージュフルフル泡石鹸 特徴3

「真菌」「白っぽいおりもの」「免疫力の低下」「ミコナゾール硝酸塩」「真菌の増殖を抑制」といった、これまでに見てきたカンジダの再発防止対策のキーワードが出てきます。
確かにこれなら、一般的に言われているカンジダの再発防止対策よりも、はるかに簡単で効果が期待できます。

コラージュフルフル泡石鹸の口コミ【カンジダの再発防止に使ってみた体験談】

コラージュフルフル泡石鹸が、カンジダの再発防止に役立ちそうだという事は分かりました。
でも肝心なのは、実際に効果があるのかどうかです。
体験談でチェックしてみましょう。

40歳 女性
ここ2年くらい、体調によってカンジダになりやすく、こちらを試してみました。
結果、とても良いです! 
すっきり優しく洗えて、かゆみや不快感がすっかりなくなりました。
ほぼ毎日使っています。
カンジダで病院に行って、薬をもらったりしたこともありましたが、悪化した状態じゃなければ、こちらのほうが効くかもってくらいです。
デリケートゾーン以外にも、足や気になるゾーンにも使えるし、常備しておきたい品です。
ちょっと高いので、そこだけ気になるけど、まあまあ長持ちするし、同じ悩みの方がいらっしゃったら、おすすめです!
ちなみに、私は一生懸命ピンクの容器を探していましたが、ブルーでも中身は変わらないみたいです!

35歳 女性
疲れたりするとカンジダになりやすいのですが、病院に行くのも面倒だと思い、こちらを購入してみました。
デリケートゾーンはだいたい毎日これで洗ってますが、結構長持ちします。もう半年くらい?
その間、ちょっと症状が出そうかも、ということはありましたが、病院に行くほどひどくなることはありませんでした。
使用感はさっぱり、刺激もなく、泡切れもよいです。泡で出るから楽チンだし。
ちょっとお高いですが、あの不快感を考えると安いものです!
また買います!

41歳 女性
昨年、ちょっと忙しかったり体調を崩したりしたときに、だいぶ前にかかったことのあるカンジダが再発。
今回は昔かかったときよりは早めに病院に行けたのですぐには治せましたが、もうこんな思いは嫌!と思って普段からできる対策を調べていたとき、ネットで見かけて購入しました。
ネットの情報ながら、カンジダは真菌(カビや酵母と一緒で自然界にいる)=カビに効く石鹸で対策!と書いてあったので、このきっと効くであろうと期待を込め…(吹き出物のときにもお世話になったコラージュさんなので…☆)
これを買う前の対策は、デリケートゾーン用のLCコスメティクスのジャムウソープを試しに使っていたのですが、ちょっとむずむずするときもあり。使用感は良かったのですが、、、
洗いすぎはよくない、でも、洗わないと色々気になるし。と、悩んでいたときに見つけたので、洗ってもいいんだ!と、嬉しくなりました。
2回プッシュして洗いますが、手にとる冷たい泡がお菓子みたい。
きめ細かくふわふわしているので泡立ちも良好、流すときも泡切れが良く、とても気持ちがよいです!
洗い上がりはきゅっとしますが、皮脂の油をとりすぎないのも好感が持てます。
ほか、カビといえば水虫・・・ということで水虫にはなったことはありませんが、足の指や、ぶつぶつの出来やすい背中、あぶらっぽくなりがちなみぞおち、耳の後ろあたりを洗っています。
本体から詰め替えして2回目ですが、いまのところカンジダの兆候はぜんぜんないです!
泡がこんなに出てすぐになくなっちゃうんじゃ・・・と思いましたが、そうでもなかったですよ。
この安心感はお値段に変えられないので、私には高くはない気がします(^^)

これらの口コミを読んで、コラージュフルフル泡石鹸で、カンジダの再発防止対策ができるんだという確信が持てました。
これならすぐに始められるし、効果に対する期待度もMAXです。

まとめ

カンジダの再発防止策についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
最後に、このページで紹介したカンジダの再発防止策をまとめておきます。

  1. 免疫力の低下を防ぐ
  2. デリケートソーンの環境改善に努める
  3. 性交渉による感染に注意する
  4. ミコナゾール硝酸塩配合のボディソープを使う

中でもおすすめなのが、「ミコナゾール硝酸塩配合のボディソープを使う」です。
なぜなら、原因となるカンジダ菌の増殖を日常的に抑制できるからです。
他の対策と比較すると、手間もコストも格段にかかりません。
一度、お試しになってはいかがでしょうか?


コラージュフルフル泡石鹸 独身女性向け
<カンジダ菌を撃退できる成分配合!>
※ミコナゾール硝酸塩が真菌の増殖を抑制